ファッションを楽しむ時、ブラジャーも洋服とセットで用意しておくのが安心。特に新しい服を買った時は忘れずに。

見えない部分でもファッションにこだわろう

ファッションを完成するには服とブラジャーをセットで。

新しい服を買った時に、同時に気にかけておきたいことがあります。それはブラジャーの存在です。つい、洋服や小物ばかりに意識が向いてしまいますが、これは忘れないようにしたいことです。なぜなら、ファッションが素敵でもブラジャーの存在が不自然であると、大変もったいないことになるからです。

反対に、ブラジャーの存在を生かしてファッションに組み入れる、つまり部分的に肩ひもなどを「あえて見せる」楽しみ方もあります。要はブラジャーをファッションにどう生かすのかをはっきりさせることが大事です。少なくとも「見せる」のか「見せない」のかは明確にした方が良いでしょう。

「見せる」場合は、見え方がファッションとして成り立っているかをチェックします。「見せない」場合には、服によっても見え方が違いますので、新しい服を買った場合にはブラジャーもセットで考えておくのが安心です。とくに、薄手の服やニット、色の薄い服は気をつけたいですね。見せない場合、ブラジャーの色はベージュ系が基本です。また、肩ひもの幅が広いものはデコルテから見えやすいので注意します。ブラジャーの全面にレースなどが施されていると、薄手の服のラインに響くので気をつけましょう。